給湯器の凍結について

2021年01月09日 | 作成者: |

こんにちは

最近は寒いを通り越して風が冷たいですね

 

この時期になると「お水やお湯が出ない」、「給湯器が故障した」等のお問い合わせを

いただくことが多くあります

寒くなるとガス給湯器の給水・給湯・追い焚きふろ配管が屋外に露出している場合、

配管が凍結してしまい、一時的にお湯が出なくなったりすることがあります

凍っているならお湯をかけて解凍しよう!! これをしてしまうと・・・

温度差の関係か最悪の場合割れてしまう可能性があるそうです

特に外にある場合は、注意してください

本日は、予防方法と対処方法をお知らせ致しますので、ご参考にしてください

 

 

【追い焚き機能付き風呂の配管を凍結防止】

浴槽の水を循環アダプター上部より5センチ以上ある状態にして下さい。

 

 

 

 

【配管等の凍結予防方法】

ガス給湯器のリモコンの運転スイッチをオフにしてください。

(リモコンが無い場合は、ガス給湯器のガス栓をしっかりと閉めてください。)

お湯の出る蛇口から1分間に約400ml以上の水を流し続けてください。

 

 

 

 

【ガス給湯器が凍結したときの対処方法】

配管が凍ってしまった場合は、自然に溶けるのをお待ちいただくか、凍った部分にタオルや

布を巻き、その上からゆっくりとぬるま湯をかけて解凍してください。

解凍する場合は・・・

ガス給湯器のリモコンの運転スイッチをオフにしてください。

(リモコンが無い場合は、ガス給湯器のガス栓をしっかりと閉めてください。)

台所などのお湯の出る蛇口を少し開けてください。

凍っていると思われる配管・給水元栓のまわりにタオル等を巻いて下さい。

タオルにぬるま湯をゆっくりかけて、水が流れるようになったら蛇口を閉めてください。

タオルを外し、配管・給水元栓のまわりについた水分を乾いた布で拭き取ってください。

 

 

 

 

お困りの際は、一度試してみてくださいね

 

 

 

 

 

 

【山科】 株式会社 陽不動産販売
《業務内容》
★不動産売買★   ★仲介★   ★賃貸★   ★管理★
●分譲住宅販売   ●不動産売買及び仲介  ●賃貸仲介及び管理   ●土地有効活用の企画及び開発  ●自社の設計・施工による建築業及び住宅リフォーム
【山科】 株式会社 ハウスクリエイション
★パナソニック 耐震住宅工法 テクノストラクチャー★
★パナソニックビルダーズグループ★
《業務内容》
★新築住宅・店舗等★         ★建築・設計・施工・リフォーム工事・監理★        ★損害保険代理店(あいおいニッセイ同和損害保険)★
●オール電化住宅 ●太陽光発電システム ●介護リフォーム ●増改築 ●外壁・屋根の塗装・改修 ●防犯セキュリティ ●シロアリ防除 ●水回り(キッチン・浴室・トイレ)のリフォーム etc・・・

陽不動産販売へのお問い合わせはこちら
ページのトップへ戻る